12月8日 は”Lennon’s Day”(レノンズデー)

12月8日 12月

Lennon’s Dayは”12月8日”

1980年 12月8日 かの有名なビートルズのジョン・レノンが、熱狂的なファンによって射殺されました。

スポンサーリンク



ニューヨーク・ダコタハウスの自宅前で、早すぎる生涯を終えてしまいます。

12月8日

12月8日に起きた凄惨な事件

ザ・ヒット・ファクトリー」というラジオ番組で、インタビューには「死ぬならヨーコより先に死にたい」と言っていましたが、まさかこんな形で逝ってしまうなんて誰も予想していなかったでしょう。

スタジオ収録が終わり、ジョンとヨーコが自宅アパートの前に到着したとき、ふと暗闇から呼びかける声が聞こえてきます。

「レノン?」

男はジョンを呼び止めると同時に、5発発砲。ジョンに命中しアパートの入り口に倒れました。

アパートの警備員は即座に通報し、セントラル・パークの警察署から警官がすぐに到着しました。

ジョンはそのときまだ意識がありましたが、5発中、4発命中してしまったために大量に出血し、重症です。

一刻を争う危険な状態のため、警官がジョンをパトカーに乗せ、ルーズヴェルト病院に救急搬送しました。

警官の必死の問いかけにジョンは応答しますが、彼の声は衰弱していく一方です。

病院に到着した時には既に全身の8割の血液を失い、出血多量による失血性ショックにより息を引き取りました。

その時、病院のスピーカーから流れていた曲はビートルズの「All my loving」だったそうです。

スポンサーリンク



Beatles : All My Loving : Live at The Hollywood Bowl

その一方で、発砲したマーク・ チャップマンは現場から逃亡しませんでした。

警官が到着するまで、小説の「ライ麦畑でつかまえて」を読んで待っていたそうです。

殺害を企てたマーク・ チャップマンは終身刑となり、今尚服役しています。

この大事件によって全世界が哀悼の意に包まれました。

その世界で最も偉大なるシンガーの影響力は、21世紀になっても衰えることを知りません。

ジョンレノンは天才肌で、空気が読めない?

12月8日

ジョンレノンの性格は平和主義者である一方、空気の読めない一面があったそうです。

そして、過激な発言が多いことでもよく知られていました。

特に、エルヴィス・プレスリーとの間に確執が残ってしまうエピソードが存在します。

ある時、エルヴィスが「ビートルズのレコードを全部持っている」と発言しました。

しかし、ジョンは「僕はあなたのレコードは全く持っていない」と発言してしまったり、その後もエルヴィスが出演した映画を批判したりなどしてしまったようです。

ジョンレノンの格言

ジョンレノンは生前、心に響くメッセージをたくさん残しました。

前述したとおり、ジョンは平和主義者だとよく知られています。

数々の格言にはやはり、争いを拒み平和を愛する言葉が多く残っています。

「みんな平和について語るけど、誰もそれを平和的な方法でやってないんだ」

時は既に2017年。ジョンの死後40年近く経っています。

彼が残してくれたこのメッセージが、世界中の平和を望む人たちに届くことを願います。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました