12月7日 は”クリスマスツリーの日”


クリスマスツリーの日は”12月7日”

1886年 12月7日 神奈川県横浜市で日本で初めてのクリスマスツリーが飾られ、これを記念してクリスマスツリーの日が制定されました。

スポンサーリンク



12月7日

今では一般的に認知されているクリスマスツリーですが、最初は横浜に滞在していた外国人の船乗りのために飾りつけを行ったことから全国的に広まりました。

そもそも、1800年代にクリスマスの文化があったのかと思いますが、クリスマスを日本で最初に祝ったのは少し遡った1875年明治8年です。

原女学校」でクリスマスのお祝いをしたのが最初と言われています。

日本初のクリスマスツリー設計者

話が前後しましたが、日本で最初のクリスマスツリーは磯野計氏によって飾られました。

磯野氏は明治屋を創業した19世紀の実業家です。

12月7日

明治屋は東京都中央区京橋で現在も続いている老舗で、食料品や酒類の輸出入、船舶の納入業などを行っています。

明治屋が1900年に銀座にお店を構えると、クリスマスの文化が全国に浸透していき、それと同時期に神戸でクリスマス用商品が取り扱われ始め、クリスマスの装飾が一般化していったと言われています。

明治屋が存在していなかったら、クリスマス文化が浸透するのはもう少し後だったかもしれませんね。

クリスマスツリーの起源とは…

クリスマスツリーの起源になったのは、古代ヨーロッパの風習と言われています。

ゲルマン民族の「ユール」という冬至の祭で使われていたのが樫の木で、冬の寒さでも葉が枯れない樫の木は、生命の象徴とされていました。現代でも、北欧諸国ではクリスマスをユールと呼ぶ風習が残っています。

スポンサーリンク



ゲルマン民族はキリスト教を信仰していました。

樹木信仰が強かったドイツ人をキリスト教に改宗させるため、樫の木をモミの木に変えることで、キリスト教化しました。

現在でクリスマスツリーにモミの木が使われているのはこの為であると考えられます。

12月7日

なぜモミの木にしたかと言うと、モミの木は横から見ると三角形なので「三位一体」を表していると主張したからです。

クリスマスツリーの意味は?

クリスマスツリーには様々な意味が込められています。

12月7日

キリスト教を普及させる劇の中で、エデンの園で知られるアダムとイブの「禁断の果実」であるリンゴをモミの木に飾りました。

そしてイエスを示す命のパンが飾られ、これがクリスマスツリーのルーツとなります。

冬も越えられる緑色の葉は、神から贈られた永遠の命の象徴で、身近である葉が「イエスが常にそばにいること」を表します。

モミの木の独特な尖った矢の形は、天国を指しています。ツリーの頂上にある星はベツレヘムの星を表し、赤い装飾は愛を象徴します。

また、木の下の贈り物には神の贈り物であるイエス・キリストと3人の賢者の贈り物を表しているとされています。

そして、神が作ったとされる「世界を照らす光」をイルミネーションとして施され、クリスマスツリーが完成します。

 

クリスマスツリーの日は、世間がクリスマスムードに染まり始める12月7日です。

クリスマスツリーにも意味があることを思い出しながら、クリスマスの準備をすると素敵なクリスマスを過ごせますね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月7日 は”クリスマスツリーの日”” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    今年はまだクリスマスツリー飾ってないので急いで飾ろうと思います。
    来年は、12月7日クリスマスツリーの日に飾りますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です