12月6日 は”姉の日” 3ヶ月毎に兄弟の日が存在します。

12月

姉の日は”12月6日”

漫画家で姉妹型研究家の畑田国男氏が1992年 12月6日 に提唱し、制定されました。

スポンサーリンク



12月6日

畑田氏は生前、漫画家として「宇宙船ノア」などの作品を残しました。

しかし、それだけではなく「兄弟姉妹性格診断」を提唱した方でもあります。

血液型占いや、星占いなどは一般的ですが、兄弟姉妹性格診断はあまり知られない方が多いかもしれません。

その畑田氏によって制定された記念日の一つに「姉の日」があります。

なんとなく勘付いた方もいるかもしれませんが、実は姉の日だけでなく、兄弟姉妹の日がそれぞれ存在します。

父の日や母の日などはメジャーですが、兄弟姉妹の日とはなかなか聞き慣れないかと思います。

一人っ子の場合は更に馴染みがないでしょうね。

姉の日は12月6日で、妹の日は9月6日。兄の日は6月6日で、弟の日は3月6日。となっています。

3ヶ月区切りで制定されているんですね。しかし、なぜ6日なんでしょうか?

スポンサーリンク



最初に作られたのが「妹の日」

12月6日

予想に反して、最初に作られたのが、実は妹の日です。

そして次に出来たのが「兄の日」次いで「姉の日」、最後に「弟の日」という順番になっています。

最初に決められた妹の日、これは妹の可愛らしさから星座の乙女座を連想しました。

乙女座は8月23日から9月22日なので、そのちょうど中間である9月6に妹の日を定めました。

兄の日が作られたのもやはり星座からで、双子座のシンボルである「カストール」と「ボルックス」の兄弟が6と6を表していることから由来してます。

さらに、ふたご座は5月21日から6月21日なので、その中間が6月6日となります。因果を感じてしまいますね。

肝心の姉の日はと言うと、サンタクロースが関係してきます。

サンタクロースは、女性や子供、旅人を守る「聖ニコラウス」という人物のことですが、その人物「聖ニコラウスにまつわる三姉妹伝説」という物語には、近所の三姉妹の結婚を助け、内緒でお金をプレゼントしていたという内容になっています。

その聖ニコラウスが亡くなった日が12月6日とされています。

そして、妹の日からちょうど3ヶ月後、お姉さんに感謝しましょうという意味合いも含まれています。

しかし残念ながら、弟の日には特に変わったエピソードは無く、兄の日の3ヶ月後にただ制定されたという意見が濃厚となっています。

兄弟姉妹、皆平等に仲良くしましょうね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

  1. みえ より:

    私には姉がいるので知れて良かったです(^_^)
    ありがとうm(__)m

タイトルとURLをコピーしました