12月1日 は”世界エイズデー” エイズに関して理解しよう


世界エイズデーは”12月1日”

エイズのまん延防止と、患者・感染者への差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)によって1988年 12月1日 に「世界エイズデー」が制定されました。ちなみに、なぜ12月1日なのか深い意味はありません。

スポンサーリンク



ロゴマークであるレッドリボンは、病気などで天寿を全うできなかった人に追悼の気持ちを表すもので、ヨーロッパの風習の一つです。

12月1日

まず、エイズに関しての知識が曖昧になってはいけないので、敢えて記述します。

エイズとは「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」の感染によって引き起こされる疾患のことを言います。

そのため、エイズ自体が感染するわけではありません。

HIV感染者が、数年かけてHIVによって体の免疫細胞を破壊され、最終的に「後天性免疫不全症候群 (AIDS)」が発症します。

エイズになると免疫不全のため、風邪などの弱い菌でも抵抗力が無くなってしまい、あらゆる事が重症化してしまいます。

また、エイズは現代医学では完治が難しいとされています。

HIVの初期症状は、急な発熱

12月1日

HIVの初期症状は、感染後2〜4週間以内に急な発熱があります。

その後数日から数週間で症状が一旦収まるので、HIVに感染したことに気付きにくいです。

しかし、それはあくまで一時的に抗体が出来たから治るだけであって、HIVは体の中に潜伏しています。

そこからは個人差がありますが、数ヶ月〜数年かけて体の免疫細胞を破壊し、やがて免疫細胞が一定数減少するとエイズが発症します。

長期の潜伏でじっくりと体を蝕んでいくため、HIVキャリアの方はなかなか気付くことができません。

ですが、エイズになってからでは遅いので、HIVの段階で対策を取らなければならないのです。

感染経路は主に性交渉、輸血、注射器の回し打ちによるもの

12月1日

HIVの感染経路は、性交渉、輸血、注射器の回し打ちによるものが大半です。

ですが、輸血や注射器に関しては現在ではかなり対策が取られているので、メインは性交渉による感染です。

スポンサーリンク



近年ではグローバル化してきているので、海外の方と接する機会が多くなっています。

海外でのエイズの認知は日本に比べて乏しく、予防もあまり積極的ではありません。

これが現在、国内でHIV感染者が増加している一番の原因であると考えられます。

なので、性交渉をする場合はコンドームを使用することで、性病の予防以外にも、HIVの感染を高確率で防ぐことができるので、しっかりと着用しましょう。

国内にHIV感染者は多い

12月1日

まさか自分がHIVに感染しているとは思わないので、健康なのに検査に行く人は少ないと思います。

しかし、HIV感染者は国内だけでも年間約1000人ずつ増加し、累計で約20000人いるとされています。

しかも報告されてようやく判明しているので、感染しているのに報告されないケースも考えると、その数は膨大になると考えられます。

自覚症状が無いのもHIVの怖いところで、知らずのうちに大切な人に感染させてしまうケースも考えられます。

そのため、自分は健康だと思っていても、一度検査をしてみることをお勧めします。

HIVに感染してる方が周りにいたら

12月1日

HIVの感染力は極めて弱く、日常生活で移ることはありません。

ですので、もし周りに感染者がいたとしても差別してはいけません。

握手をしたり、同じお風呂に入ったりしても全く問題ないので、普通に接することが大切です。

HIVを理解することで、感染してしまった方の心の支えになります。

HIVであることを知る勇気が、自分を守る一番の手段

12月1日

HIVの完治は難しいですが、医学の発展によって、エイズ発症を遅らせる事が出来るようになりました。

HIVの進行を遅くし、薬で延命させることが現代では可能です。

今ではHIVのまま天寿を全うされる方も多いので、HIVに感染したからといって自暴自棄になる必要はありません。

そのためにもなるべく早く検査をして、キャリアだった場合はHIVとどうやって向き合って生きて行くか、対策を取る事が必要です。

そして何より、自分の大切な人を守ることにもつながります。

大切な人をHIVに感染させて、同じ苦しみを味わわせてしまうことは、悔やんでも悔やみきれないと思います。

自分を守る事が、相手を守ることにもなるのです。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月1日 は”世界エイズデー” エイズに関して理解しよう” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    感染している人が年々増加しているんですね。
    HIVをしっかり理解する事も必要だと思いました。

    しっかり検査をしましょうね(*^o^)/\(^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です