11月30日 は”本みりんの日”と”絵本の日”

11月30日 11月

本みりんの日は”11月30日”

11月30日 つまり「いい(11)み(3)りん(0=輪)」の語呂合わせによって、全国味淋協会から制定されました。

スポンサーリンク



11月30日

確かにみりんを多く使うレシピの季節になりましたね。個人的に、みりんは醤油に次ぐ万能調味料だと思っています。

みりんと本みりんは原料と製造工程が違う

「本みりん」は、原料に、もち米・米麹・焼酎もしくは醸造アルコールを熟成して作ります。

この熟成させている間に糖類やアミノ酸などのうまみ成分がつくり出され発酵します。

「みりん」つまり狭義の「みりん風調味料」は、水あめ等の糖類、米、米麹、うまみ調味料などをブレンドして作りますが、アルコールは1%以下で、ほぼ使用しません。

よって、本みりんはお酒を販売できるお店でしか取り扱いできません。

11月30日

「本みりん」の割合は、40〜50%の糖分と14%のアルコールで作られています。

アルコールが入っているということは、つまりイスラム教徒に提供することができません。

もし友人がイスラム教徒で、日本に遊びにきたときにご飯をご馳走するとしたら、

スポンサーリンク



和食には数多くの料理酒やみりんが含まれているため、和食を振る舞うときは注意が必要です。

 

最近では、日本も国際化が進んできたため、ノンアルコールのみりんなども作られています。

基本的には料理のツヤ出しや荷崩れを防いだり、匂いを引き立てることに扱われますが、

さらに焼酎を加えてアルコール度数を高め、飲料用にするのを「本直し」と呼ばれています。

ちなみに税法では、みりんを酒類に分類しているため、酒税がかかります。

よって、ビールや日本酒同様、作るのには免許が必要となりますのでご注意下さい。

今日はみりんを使った料理がいいですね。本みりんを使ったレシピ一覧

 

絵本の日は”11月30日”

絵本の日は、絵本と図鑑の親子ライブラリービブリオが制定しました。

11月30日

瀬田貞二氏が、絵本に関する基本的な考え方を「絵本論」にて著し、出版した日が11月30日のため絵本の日が制定されました。

絵本は小学生以来で、大人になってから絵本は読んでいないのですが、たまには童心に帰って読んでみるのもいいですね。

大人が絵本を読むと、子供の頃に気が付かなかった新しい発見があるかもしれません。

また、子供の頃に感じてたことを思い出すいいきっかけにもなるでしょう。

何かを忘れて成長してきた私たちが、一度立ち止まって振り返る良い機会かもしれませんね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

  1. みえ より:

    本みりんにアルコール入ってますが、だいたいの料理でアルコール飛んじゃうので大丈夫です。
    そんなん言ったら皆が車の運転出来なくなってしまいますよ( ̄▽ ̄;)

  2. みえ より:

    本みりんを使ったレシピ見ました。
    参考にさせてもらいますね(^_^ゞ

タイトルとURLをコピーしました