11月28日 は”税関記念日”と”太平洋記念日”

11月28日 11月

税関記念日は”11月28日”

当時の大蔵省(現・財務相)が1952年 11月28日 に制定しました。

スポンサーリンク



11月28日

江戸時代まで鎖国状態だった日本は、他国と交流出来る場は長崎県出島の港のみでした。

しかし、1853年ペリーが来航、翌年に日米和親条約が締結され、徐々に鎖国が解かれていきました。

1859年に神奈川県と函館に追加で開港され、今日の税関業務が行われています。

現在、日本の税関は「函館」「東京」「横浜」「名古屋」「大阪」「神戸」「門司」「長崎」「沖縄」と大きく分けられ、そこから更に支署や監視所などに区分されます。

もしペリーが来航していなかったら、開港も税関設立も遅れ、更に他国と大きな文明の差が出来ていたかもしれませんね。

スポンサーリンク



太平洋記念日は”11月28日”

1520年11月28日、ポルトガルの航海者マゼランが、南米大陸南端の海峡を通過して太平洋に出たことを記念して制定されました。

11月28日

そのときに通過した海峡が後世で「マゼラン海峡」と呼ばれています。

太平洋-Pacific Ocean-の由来は、天候が良く穏やかな日が続いた航海だったため、この海をPacific Ocean(穏やかな大洋)と命名しました。

11月28日

マゼランは途中立ち寄ったフィリピンで原住民に殺されてしまい、世界の果てを見ずに生涯を終えてしまいますが、

マゼランの船に残った船員で世界一周を成し遂げました。

当時、海の向こうには大きな崖があると信じられていたので、地球は丸いことの証明になったと言われています。

彼は地球が丸いことを、部下の活躍によって、天国で知れたのかもしれませんね。

11月28日は海にまつわる日です。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました