11月27日 は”ノーベル賞制定記念日”


ノーベル賞制定記念日は”11月27日”

1895年 11月27日 スウェーデンの化学者アルフレッド・ノーベルが脳溢血の病に倒れた時、遺言にてノーベル賞設立について残し、その後制定されました。

スポンサーリンク



11月27日

翌年の12月10日に63歳の若さで亡くなっています。

ノーベルが書いた遺言とは「自らの発明したダイナマイトで得た富を人類に貢献した人に与えたい」というものでした。

人類に貢献するために得た富を分配するものの、その財源が殺傷兵器の特許によるものというのが皮肉なものですね。

遺言どおり、彼の死後ノーベル財団が設立。1901年にノーベル賞の第1回受賞式が行われ、今日に至ります。

それ以降、彼の命日である12月10日にノーベル賞授与式が行われます。

分野は「平和賞」「物理学賞」「化学賞」「生理学・医学賞」「文学賞」で、1969年に「経済学賞」が追加されました。

授与式は平和賞のみオスロにて行われ、それ以外はストックホルムで開催されます。

日本人ノーベル賞受賞者は、2017年現在26人。

11月27日

スポンサーリンク



国内では、湯川秀樹氏のノーベル物理学賞が日本人として初のノーベル賞受賞です。

また、非核三原則を提唱した元総理大臣の佐藤栄作氏が、日本で唯一ノーベル平和賞を受賞しています。

他の分野では、iPS細胞で最近話題となった山中伸弥氏など、生理学・医学の分野で大変な功績を残しています。

そして、毎年「文学賞」の分野で村上春樹さんが受賞するのではないか?とニュースになっていますね。ぜひ受賞していただきたいです。

ちなみに経済学賞の日本人受賞者はまだいません。

なんでノーベル数学賞がないのか?

11月27日

ノーベルはミッタク・レフラーという数学者と、とても仲が悪かったそうです。

その原因は”恋愛”で、ソーニャという才色兼備の女性数学者を、レフラーと取り合った仲なんですね。

しかしどうにもノーベルには分が悪い。

ましてや数学者同士で仲が良いため、ノーベルが嫉妬していたのも無理はありません。

更に、レフラーはとても優秀な数学者で「ミッタク・レフラーの定理」なんていうのも作ってしまう実力者。

もし数学賞があったら、彼が受賞してしまう。

そう危惧したノーベルは「数学賞は設けない」といった強硬手段をとったそうです。

いつの時代も、恋の力は強いんですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です