11月24日 は”ダーウィンの日” (進化の日)


進化の日は”11月24日”

チャールズ・ダーウィンといえば進化論が有名ですが、そのダーウィンによる「種の起源」が 11月24日 に出版されたとして、世界的な記念日になっています。

スポンサーリンク



11月24日

かつてダーウィンが1831年から1836年にかけて世界を航海中、「なぜ大陸によって動物や植物が違うのだろう?」という発見をしました。

そこから調査を続け、「動物や植物が、その大陸や環境に適応して生きている」という考えに辿り着きます。

その環境に適応出来なかったものが消え、適応出来たものが残るという自然淘汰説をベースに、その論を完成させました。

スポンサーリンク



11月24日

昔からイノベーションは存在していました。

しかし、全く人為的な作用も無しに個が成長するということに気付けたダーウィンは、やはり天才ですね。

何がすごいのか?と言われたら、たしかに戸惑ってしまいます。

それはきっと、あまりにも常識的なこと過ぎてインパクトが無いからでしょう。

私たち現代に生きる者たちにとって生き物が進化するという考え方は、いわば当たり前です。

しかし、その当たり前のことほど気付けず、それを説明するのは難しいことです。

例えば「空は青い」というのは当たり前ですが、「なぜ空は青いのか?」と聞かれたら、説明できる人は限られてくるでしょう。

それほど、常識を証明し解説することは難しいことなのです。

その当たり前のことから何かを気付き、そして新しい閃きを見つけられることこそ、まさに人の「進化」ですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です