11月23日 は”勤労感謝の日”と”ゲームの日”


勤労感謝の日は”11月23日”

1948年に内閣府から交付された日本国民の祝日の一つとして、 11月23日 に勤労感謝の日が制定されています。

スポンサーリンク



11月23日

「勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」という意味を持つ、大事な祝日なんですね。

しかし近年では、いわゆるブラック企業を始めとした労働問題が頻繁に取り沙汰されており、勤労に関して人が人に感謝しなくなるという、なんだか世知辛い世の中になってしまったものです。

勤労感謝の由来は新嘗祭が関係しています。

はるか昔飛鳥時代から、新嘗祭という五穀の収穫を祝う風習が日本にはありました。

その新嘗祭は天皇が行う大切な行事の一つだったんですね。

しかし、戦後「GHQ」によって改められ、天皇主権とする発想から敢えて分断するために「勤労感謝の日」という名前で制定されました。

その新嘗祭がもともと11月23日に行われていたことから、そのまま引き継ぎ勤労感謝の日になったと言われています。

よく、鉄道がストップする「メーデー」が5月1日にありますが、勤労感謝の日を11月23日から5月1日に移そうという話もありましたが、頓挫しました。

メーデーはメーデーのやり方がありますからね。

スポンサーリンク



ゲームの日は”11月23日”

なんだか勤労感謝の日とは相対する日のような気がしますが、11月23日はゲームの日として、全日本アミューズメント施設営業者協会連合会、及び各協会から制定されました。

11月23日

コンセプトは「仕事や勉強を尊びながら、ゆとりある遊びとしてゲームを楽しむ」ということです。

たしかに勤労感謝をベースとしていますね。

日頃仕事や勉強にお忙しい皆様も、たまにはゆっくりゲームをしながら勤労感謝するのが現代風ですね。

外食の日は”11月23日”

1984年に日本フードサービス協会より、外食の日が制定されました。

11月23日

日頃、家事で忙しい母親を労うための粋な記念日ですね。この外食の日も、やはり勤労感謝の日がベースになっています。

つまり、11月23日は勤労勤勉の精神を忘れず、ゲームをして、その後みんなで外食をすればいい…となると、まるで元日のようですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です